コラム

台木(だいぎ)と接ぎ木(つぎき)

近所の家々の庭先に植えられているキュウリやトマトの苗が、もう人の背丈くらいに伸びています。
収穫間近ですね!
ヨソの家の野菜なのですが、しょっちゅう見ているとなんだかいとおしく思えてきます^^


我が家では、今年初めて1.5坪のビニールハウスを導入しました!
雨や虫から野菜たちを守ってくれています。


ところがある朝、外から見たら株元がなんだか黄色くなっていたので、葉っぱが枯れたのかな?と思っていました。
でもよく見てみると、手のひらくらいの大きな黄色い花が咲いていたのです。
キュウリの苗なのに。。。?
カボチャの台木にキュウリの接ぎ木
どうやら、このキュウリの苗は接ぎ木で、カボチャを台木として使っていて、その花だったようです。

そういえば、オールドローズの隣に、植えた覚えのないノイバラの枝があったことがありました。
これも台木から芽が出てしまったケースでした。

残念ながら、台木から出た芽はすべて摘み取らなければなりません。
本来の枝に栄養が行かなくなるからだそうです。


自分の花を咲かせられないなんて、台木ってなんだかカワイソウ。。。
でも、縁の下の力持ちとして、なくてはならない存在なのですよね。
そう思うと、逆にたくましさすら感じたりします。


台木の役目を果たしながら自分の花も咲かせる・・・
ニンゲンなら、ガンバレばなんとかなるかもしれませんね。。。^^?

とはいえ、花を咲かせるだけが人生ではないような気もしますが(^m^)



******26日(火)~28日(木)の作業日誌********
・市内自治会さまからご依頼のネームホルダー納品
・顔写真をL判にプリントアウト
・個人事業主に関する書類の準備
・ほか
*************************************************


This Post Has 4 Comments

  1. 許ッシン より:

    私の家の本家で昔、苗を売るのを仕事の一つにしていて(リンゴ農家です)、黒いフィルムみたいな鉢?に土を詰める仕事を手伝ったりしていました。その時に、接ぎ木って言うんですかね?双葉の部分を剃刀で切って他の双葉を差し込むんです。ばあさんは、この方が病気に強くて良いんだと言っていたような気がします。

    • 沼倉デザイン.com より:

      許ッシンさん、こんにちは!

      許ッシン さんは、おばあちゃまのお仕事のお手伝いをするいいお孫さんだったのですね!

      接ぎ木、難しそうで私はチャレンジしたことがありません。
      土にさす挿し芽は何度かやってみました。
      成功率は・・・30%くらい。
      挿し芽の時も、やはり剃刀で切るといいと言われていますが、剃刀の扱いがちょっとコワそうな感じがするので、いつも剪定バサミを使っていました。
      敗因はそのせいでしょうか・・・^^;

  2. 許ッシン より:

    勘違いしていたら、ごめんなさい。本業がリンゴで同時にメロンやナス、スイカ等の苗も販売していたということです。挿し芽っていうんですね。多分メロンを何かに挿し芽していたんだと思います。刃物は安全剃刀か竹で作ったヘラみたいなナイフ?だったと思います。従兄弟と何人かで手伝っていましたが、やはり上手い、下手があるらしく、ばあさんがよく解説してました。

    • 沼倉デザイン.com より:

      すみません、私も素人なので、挿し木と挿し芽の区別もつきません^^;
      かろうじて接ぎ木はわかる程度です。。。とほほ

      接ぎ木でも挿し芽でも、鋭利な刃物ですぱっと切った方が根付きやすいと聞きました。
      ハサミとかで押し切りすると細胞が壊れちゃうのでしょうか?

      今日はちょっと肌寒かったですね。
      日によって気温変化が大きいですので、許ッシンさんも体調管理には気をつけてくださいね。

Leave A Reply